DESIGN LAB.

STAFF BLOG







韓国東大門生地市場初心者さん必見!もう迷わない生地市場のまわり方

Posted on Posted in Blog, DESIGNLAB, 韓国 

今回は韓国ソウル東大門で買付けされているバイヤーさん、必見の情報です。

 

生地の見本(生地スワッチ)がほしいとき、
付属が欲しいときや
買付けした商品を自分のお気に入りの生地に
イージーオーダーするときなどは生地市場で
生地見本(生地スワッチ)を探しますよね。

この東大門の生地市場ですが、生地屋さんの
ブースがビルの中にひしめき合っていて
迷子になりがちです。
そんな経験したことありませんか。

今回はできる限り、たくさんの生地屋を
効率よく回る方法をお伝えします。

 

みなさんは東大門生地市場の建物の中へ
入ったことはありますか。

インフォメーションセンター。地図がもらえます。

 

市場なので基本的には
工場さんやエージェントさん、韓国内や
海外のアパレルのデザイナーさんなどが
出入りしている建物です。一般の人にも
開放している生地屋さんもあるので、
仕入れを考えている人にとっては
見に行く価値のある場所です。

 

今までに生地サンプル(生地スワッチ)を
探したことがある方の中には、
生地市場の中へ入ったものの
風の吹くまま気の向くままのごとく、
気分でまっすぐ行ったり、右に曲がったり、
階段を登ってみたり、降りてみたり、
同じところに出てみたり、あっという間に
次のスケジュールの時間がきてしまうような
回り方をしていませんでしたか?

 

それでは早速東大門生地市場の
まわり方のコツをお伝えします。

 

まず、東大門生地市場の建物の造りを
理解しましょう。

実は東大門生地市場のビルは
5つの建物からできています。

A棟 B棟 C棟 D棟 N棟

お気づきになりましたか。

そうなんです!東大門生地市場は
増改築を重ねて建てられています。

図面のC棟の左にN棟があります。

この建物のクセを理解することが大事です。

A、B、C、D、Nそれぞれのゾーンから
出ないように回ることで迷わなくなります。

 

そこでAでもBでもCでも、どこからでも
いいのでスタートする建物を決めましょう。

 

フロアの角からスタートしてこんな感じで

東大門生地市場マップ 参考B棟:イエローのラインのように進んでくださいね

 

よこにまっすぐ進んで、建物のつなぎ目の
ところまではひたすらまっすぐ
生地を探しながらすすみましょう。
欲しい生地見本があったら
「スワッチジュセヨ」
の一言を伝えて見本をもらいましょう。
生地屋さんの返事はYESなら
「イエー」か「ネェー」です。
もしかしたら、アイコンコンタクト、
忙しければ生地屋さんはノールックです。

このようなブースがひしめきあっております。

 

そこは気にせず、生地のサンプルなので
有難くいだいて資料のひとつにしましょう。

以前同行したお客様の中に市場を
回り終わったころにぜんぜん集まってない
ということがよくあったので、
後悔しないように、気になったものは
手に取るようにしておきましょう。

 

持ちきれなくなったら、
「ポリバッグジュセヨ」の一言で
生地屋さんが袋を渡してくれると思います。
日本人のように愛想笑いはないですが、
結構親切にしてくれます。

 

進み続けて建物の境目まできたら、
となりの列へUターンです。
またつきあたりまでたどり着いたら
Uターン、そしてまたUターン。

D棟(画像奥)とC棟(画像手前)の境目。建物のつなぎ目があります。

階段があったら、同じ列の階段の向こう側を
進んでくださいね。

 

まっすぐ進んで、建物の境目でUターン。
この連続。
角まできたら、
その区画はクリアです。

これをフロアごとで繰り返す。

市場に慣れていている方をもってしても
この方法でも約半日はかかるくらいの広さです。

 

 

 

そこで時短メニューをご希望の方には

 

フロアによって同じような見本を
扱っている生地屋さんが集中しているので
時間がなければ、以下参考にしてください。

ジャージ素材

ポリエステルやレーヨンなどのカットソー、ジャージの素材はC棟とB棟の2階

スウェット素材やボーダー、綿系はD棟の2階

レース素材 
B棟の2階

綿、綿混、天然素材の布帛素材 
B棟3階

合繊の素材

3階、4階のA棟、C棟 プリント生地屋さんや合繊の布帛生地屋さんが多いです。

 

付属は1階が多いです。

付属屋さん

それから

アクセサリー系の付属は5階にあります。
チェーンや、ビーズ、ワッペン、チャームなど

 

6階は新しい生地屋さんがあります。

ちょっとしたカフェスペースもあったり

おしゃれ空間があります。

 

 

ちょっとマニアックな情報ですが、
1階と2階の一部は付属とキッチン用品、
カーテン、寝具など生地見本(生地スワッチ)を
集める上ではあまり必要はないですが、
実はこのフロアでは生活用品を
オーダーメードできます。
カーテンやベッドカバー、
クッションカバーなど
比較的リーズナブルなお値段で作れます。

 

 

屋上はこんな感じで、ダンジョンみたいです。

奥はだまし絵です

こんな隠れカフェもあったり

 

 

地下には大きな文房具屋があります。配達もしてくれます。

 

N棟の5階はフードコ―トです。

日本語も通じたり、通じなかったり。
仕事をされている方の日常がわかります。
いまは翻訳アプリがあるから、
言葉は通じなくてもなんとかなります。
デザインラボではgoogle翻訳使ってます。

便利ですよね。カフェのメニューもこれならカフェラテ以外も簡単に頼めます。

東大門生地市場なかなか魅力的なビルです。

 

PRになりますが韓国ソウル東大門へ来たら、
東大門の生地市場でお気に入りの生地を
見つけて、オリジナル商品を作りたいときは
デザインラボへご相談してくださいね。

 

 

歩き回ったら、やっぱりお腹がすきます。

東大門生地市場の近くに韓国グルメで有名な
タッカンマリのお店がたくさんあります。

今回もここで遅めのランチタイム。

今日も完食です。

壁の張り紙をgoogle翻訳。発見!深刻なフードロス問題が垣間見れます。

最期にもうひとつ、ソウル東大門へ来て生地市場を訪れる順番です。

日本で下調べをして準備万端、
いきなり突入もよいのですが、
現地のリアルな情報を知ってから
訪れるのがおススメです。

生地市場でカワイイ生地を見つけるために、

セレクトショップを見る→生地市場を見る

という順番のほうがいいでしょう。

商品に使われている生地を見てから、市場へ行くと生地を見つけやすいことがあります。

 

いかかでしたでしょうか。

 

東大門市場の回り方を知っていれば、
滞在する時間も短くなり、
ライバル店よりカワイイ生地も
見つけることができて、有意義な
買い付けができると思います。