DESIGN LAB.

STAFF BLOG







2019年4月からの労働法改正で残業が減る!?

Posted on Posted in Blog, DESIGNLAB, ブランド立ち上げ, 世情、トレンド

2019年4月1日の労働法改正で変わること

いよいよ働き方改革の始まりです。
残業なくなるってホント?

いまから準備を進めて、
時間を有効活用しましょう!

最近よく耳にする「働き方改革」ですが、
その
一環として今年2019年4月から労働法が
改正します。
今回の法改正の中で時間外労働
の上限規制に関して法律(労働基準法)が
改正されます。

長時間労働は、健康の維持や、仕事と家庭
生活の両立を困難にし、少子化の原因、女
性のキャリア形成を阻む原因、男性の家庭
参加を阻む原因となっています。

この法改正によって長時間労働を是正し、ワ
ーク・ライフ・バランスの改善を行い、女性
や高齢者も仕事につきやすく労働参加率の向
上にむすびつける動きにつながります。


参考:働き方の課題について関連資料

参考:高年齢労働者の増加

日本は先進国に比べ高齢者の労働意欲が高く、女性
の継続就業率が低いというデータが出ております。

 

そもそも「働き方改革」は働く方々ひとりひ
とりの事情に応じて多様で柔軟な働き方を選
択できるようにするための改革です。

日本が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢
人口の減少」
「働く方々のニーズの多様化」
などの課題に対応するため、
投資やイノベー
ションによって仕事の分業をはかり生産性を
上げ、
高齢者などの雇用を促進し、意欲や能
力を発揮できる環境を作ることなどが必要と
なっており
そのための改革となっております。

非常にわかりやすい資料が厚生労働省の
ホームページで確認できます

参考:時間外労働の上限規制 わかりやすい解説

(余談ですが、経済産業省や厚生労働省の
ホームページを見たことありますか。
ビジネスをやる方にとって、資料やテンプ
レートなどもあって便利です。国家の政策
として大きな舵が切られている方向も確認
できます。
一般的な情報元として利用できますよ(^^♪)

今回の改革で一番身近におこるのは残業時間
に上限が決まるということになります。

就労先の時間外労働(残業)に対して、法律
で上限が決められ罰則がつき
強制的に残業時
間を減らそうというしくみです。

これによって何が起きるかといえば…
例えば、週5日で毎日4時間の残業 一週間で
20時間残業している方は、月で約80時間の
残業時間です。

これが一か月に45時間以内の制限になれば、
企業は、仕事を減らして生産性を上げるか、
雇用をする選択をすることになります。

投資をして効率化を上げる新しい技術を
導入するか、新たな雇用をして業務を補うか

となっていきます。
AIやロボットを導入、活用したり、新たな
シェアできる仕事で高齢者や女性などの雇用
を生み出すことにつながったりもします。

いままで残業で疲弊していた従業員も、もし
かしたら労働時間が減り
ストレスが軽減され
効率が上がり労働生産性が上がる可能性も
ありますね。

残業がなくなって新しくできた時間や副業の
解禁で新しいビジネスを考えたり、スポーツ
をしたり、学んだり、
いつかは正規の労働
時間も減り、自分の好きな時間だけ仕事を
するような時代もきます。

”2007年以降に生まれた子供たちは100歳まで
生きる”と言われています。
都市伝説ではないです。
もう政府はすでに考え始めています。

参考:人生100年時代構想

寿命も長くなり想定以上に労働する期間が
長くなると楽しい仕事じゃないと働き続けて
いけない気がしますね(;´・ω・)

誰が見ても楽しそうにできる仕事を
今のうちから探しましょう!

人生は長そうです。

 

一部の企業では時間外労働に関しては職場の
状況によってすでに取り組みが行われて
おり、いままで会社のために使っていた時間
を自分のための時間に使い始めている方も
増えてきました。
スポーツや、趣味、お稽古、
まなびなどの時間に利用したり、新しいビジ
ネスを始めようとセミナーや、勉強会などに
参加したりする方も増えています。
意欲的に参加している方は圧倒的に
女性が多いようです。

お問合せのあるお客様の方限定で
デザインラボでも週に1~2回勉強会を
行っています。お時間は90分程度です。

ファッション関連でビジネスを始めようと
考えている方のために勉強会を行っています。

 

これからの働き方改革を先取りして
デザインラボで新しいビジネスを
始めてみませんか

セミナー参加の申し込みはこちらから