DESIGN LAB.

STAFF BLOG







え!こんなに工程があるの?オリジナル商品つくりの工程一覧公開

Posted on Posted in DESIGNLAB, オリジナル商品, 量産

デザインラボの企画チームは

いままでアパレル企業さんの商品つくりを
行っていたと以前ブログでも書きましたが

取引先のアパレル企業さんから細かい業務を
委託されていたことで得た知識や経験、そして協力してくれる工場が今のデザインラボを支えています。

アパレル製品の企画・設計

アパレルメーカーのものづくりを
大きく分けますと、商品企画部門、
設計技術部門、生産管理部門があり、
マーチャンダイザー、デザイナー、
パターンメーカー、生産管理担当者が
それぞれ役割を分担しています。

アパレル製品の生産工程のうち、
企画、設計のプロセスは
およそ下に示すフローの通りです。

個人的に思うところは、この作り方だと
ライブ感が足らないような気がしますが、
みなさんはどう思いますか。

 

企画・生産管理部門・・・
リーダーのデザイナーやMDによる商品企画

情報収集・分析、マーケティング戦略の策定、コンセプトの立案

これはご依頼の前の段階ですが

😄商品企画のきっかけの部分は
みなさんも買い付けや
商品つくりのときに

過去のデータを見ながら
ターゲットを決めたり

イメージとぶれないように
店舗つくりを
行ったり
していると思います。


商品化計画
デザイン、色、柄、価格の設定

😄デザインラボでは具体的に
素材や
イメージ画像を集めたり、
見積もりを取ったりなど


デザイン画作成
😄デザイン画が描けなくても
イメージ画像をまとめたり、
ラフ画などを準備したりしてみる

サンプルチェック
😄試作は重要です。
購入されるお客様の顔が
一層イメージ
できるようになる
と思います。


展示会
プレゼンテーション・受注

😄あなたのファン(顧客、
見込み客
)反応をみる。
スタイリングの動画、写真を
SNSに投稿してみるなどの行動。
いまはすぐにできますよね。

いままでのアパレル企業さんの
企画方法で
ライブ感が足らない
と思ったのはここです。


生産会議
サイズ、数量、納期決定
😄SNSを利用して
ファンのかたや、
反応を
見て数量も決定できます。


縫製工場・工賃決定

生産指図書作成

材料、パターン、縫製仕様書を工場に送付

工程編成・工場内レイアウト

設計・機械類・アタッチメント・ゲージ準備

縫製工程へ

 

実はデザインラボでは

お客様に行ってもらうことを

商品企画の初期段階のいくつかの重要な決定

に絞って行っていただき

お客様の商品の進行が無理なくすすむように

アシストしております。

上記フローの😄部分がお客様に
行っていただく重要な決定事項です。

フローの中の上の6つのポイントを
決定していただければデザインラボでは
商品つくりをアシストします。

 

 

 

生産技術部門の仕事内容

ここは技術がないと踏み込めない作業です。

デザインラボには専門知識を持ったスタッフがおりますので

安心してご依頼ください。

サンプルパターン作成

サンプル作成

パターンチェック

工業用パターン作成

グレーディング

マーキング

縫製仕様書作成

可縫製試験

生産用パターン作成

先発サンプル作成

工程分析

工場用縫製仕様書作成

縫製工程へ

こちらの工程はデザインラボと工場で
行っています。この部分はたくさんの
店舗をもつアパレル小売業さんでも
アウトソーシングに頼るところばかりです。

デザインラボではメーカーでの経験や
工場との関係があったからこそ
工場との関係をスムースに保っております。

ただ、ひとつ

アパレル業界でもほんのひとにぎりの工場を
除いては、本当に人によるところが多く、
工場の職人の状況次第でスケジュールが
変わったりすることは否定できません。

これからの時代

ただこれから少しずつですが
アパレルも自動化が進むことになると
予想されています。

参考記事

「Sewbots」では22秒でTシャツが1枚つくれる
http://shogyokai.jp/articles/-/433

https://youtu.be/qXFUqCijkUs

 https://youtu.be/OsSDI8wWAyQ

 

アパレル生産の自動化が追い風、
島精機が3年後に売上高1000億円の中計発表
https://www.wwdjapan.com/610468

アディダスが3Dプリンターを使った
“未来のスニーカー”の量産を発表
https://www.wwdjapan.com/408715

ナイキが3Dプリントのシューズアッパーを開発
リオ五輪金メダルのキプチョゲが4月に着用へ
https://www.wwdjapan.com/602104

まだまだ作れるアイテムや素材は限られて
いますが人件費のかかる工程の多い作業を
行わなくても3Dプリンターを元にして
オートメーションで作れる日も近い
ということを感じざるを得ません。

大量生産も少量生産も行うことは
できそうですね。ただそのときが
くるまではまではデザインラボは
みなさんと一緒に商品のものづくりが
たのしくできるような仕組みを
つくっていきたいと思います。

 

引用参考 『しくみ図解シリーズ 繊維の種類と加工が一番わかる』編者 日本繊維技術史センター